プロゲステロン 増やす

プロゲステロンを増やすこと 増加によるリスクについて

 

プロゲステロンは妊娠している女性にとって赤ちゃんを守ってくれる大切な女性ホルモン。妊娠の維持を継続できるよう体内の環境を整えてくれます。安定期に入るまではプロゲステロンの分泌が多くなります。

 

では、プロゲステロンを増やすためにはどうすればいいのでしょう。一般的には卵巣機能の活動を助けるビタミンEを含む食べ物をとることがいいとされています。よく言われるのはビタミンEは抗酸化力が強く、老化防止や血液の流れを良くするなどの効果。もちろん妊娠継続にも効果的で副作用の心配もないので妊婦でも安心してとることができます。

 

ビタミンEを含む食べ物には抹茶煎茶かぼちゃアボカドアーモンドヘーゼルナッツなどのナッツ類にも多く含まれています。サンマうなぎイワシなどの魚類、玄米ひまわり油にも入っているので複数のビタミンE食品をローテーションして食べていくといいでしょう。

 

 

プロゲステロンはホルモンですから生活習慣を正すことも大切です。日常生活の見直しをして規則正しい毎日を過ごし、基礎代謝を高めるために運動をしたりストレッチなどを行うとより効果的です。心理的負担もプロゲステロン分泌には影響を及ぼしますので、日頃から気楽におおらかな気持ちで過ごすようにするといいでしょう。

 

プロゲステロンが増えることによるリスク

 

プロゲステロンは女性の妊娠を継続させるために重要な成分だとお伝えしましたが、プロゲステロンが増えることででてくるリスクもあります。まず、皮脂量の増加による肌荒れ、メラニン色素の生成が促進され、シミや黒ずみが増えてくることが挙げられます。

 

プロゲステロンが増えることでホルモンバランスが崩れ、自律神経に影響が出ることも考えられます。情緒不安定になったりイライラ倦怠感などの症状が出てくることもあります。

 

このようにいろんなリスクがありますが、産後に回復することを考えて我慢し続けるという考え方もあります。あまり無理せず、自分で耐えることができないほどの状況になるまでは我慢してプロゲステロンを増やし続けるという方法をとってもいいでしょう。

 

まとめ

 

プロゲステロンは女性の妊娠期には無くてはならない女性ホルモンですが、エストロゲンとのバランスがより重要です。プロゲステロンを増やす方法をいくつかご紹介してきましたが、食べ物だけに頼ること無く生活習慣の見直し、運動やストレッチなども行ない多面的な対処をしていきます。

 

それと同時にエストロゲンの生成にも気を使い、両者のバランスをとりながら自分の体調と相談して調整していきましょう。