プロゲステロン

プロゲステロンが増えたり減ったりするとどんな影響がある?

 

プロゲステロンはエストロゲンと同様に女性の身体に深く関わるホルモン。特に妊娠とは密接に関わっていて、妊娠を継続させたり妊娠しやすい環境づくりをしてくれる大切な女性ホルモンです。排卵後の二週間はプロゲステロンの働きで基礎体温と高く保って妊娠しやすい身体環境を整えてくれます。

 

このように女性にとっては重要なプロゲステロンに対する知識を備えておくことはとても役に立ちます。プロゲステロンとはなにか?プロゲステロンとエストロゲンの増減でどのような変化があるのかを事前に知っておくなど正しい知識を学んでいきましょう。

 

プロゲステロンについて

 

プロゲステロンは黄体ホルモンとも呼ばれていてエストロゲンとともに生理や妊娠に対しとても大きな役割をするホルモン。プロゲステロンの分泌が多くなるのは黄体期で生理周期の紅斑部分。排卵期の次にくるのが黄体期です。

 

では、プロゲステロンの分泌される仕組みについてお伝えしましょう。卵巣中にある卵子の入った袋のことを卵胞と呼びます。この卵胞が卵管に排出されるのを排卵と言い、その卵胞が黄体化してプロゲステロンを分泌するようになります。

 

プロゲステロンが分泌される時期は図で表すとこうなります。

 

出典:セイナヤ

プロゲステロンのはたらき

 

ここではプロゲステロンのはたらきについてお伝えしていきます。プロゲステロンの重要な働きの一つに子宮内膜を着床しやすくするはたらきがあります。妊娠に関する大事な働きをしてくれるのがプロゲステロンなのです。

 

基礎代謝を上げる

プロゲステロンには基礎代謝を高く保つ効果があります。基礎体温を上げることで体中の血の巡りが促進され、子宮へも栄養素の満たされた血液が循環できるようになります。

 

妊娠にふさわしい状態に整える

プロゲステロンは子宮内膜や子宮筋を妊娠にふさわしい状態に整えてくれます。妊娠しやすい環境を継続して妊娠が継続していくように働きかけていきます。

 

乳腺を発達させる

乳腺を発達させるはたらきのあるプロゲステロン。乳腺の発達に関わるのはプロゲステロンだけでなくエストロゲンも関係しています。この両方のバランスを整えることで乳腺の発達や増殖がスムーズに行われるようになります。

 

黄体期の特徴

 

プロゲステロンの分泌が多くなる黄体期には情緒不安定のようなさまざまな不具合もでてきます。今まで優勢であったエストロゲンに変わって急激にプロゲステロンが増えることで2つのホルモンのバランスが崩れ、気分の落ち込みやイライラ感を感じやすくなります。

 

また、眠気やだるさなど風によく似た症状もでてきます。黄体期には体温が高くなるので眠気やだるさを感じやすく、生理予定日に近づくにつれ症状のでる比率も大きくなっていきます。

 

吹き出物ができたり、肌荒れがおきやすくなるのも黄体期の特徴。その他にも多くの症状がでてくることがありますのですが、それは個人個人によって変わってくるもの。黄体期の自分の症状を把握して上手に対応していくことが大切です。