ホルモンバランス 乱れ

ホルモンバランスの乱れと対処法

 

ホルモンバランスの乱れを引き起こしやすい女性は、特に妊娠や出産の時期にバランスを崩しやすくなる傾向にあります。その他にもホルモンバランスが崩れる要因はありますが、自覚症状がないままに体調を崩してしまっている場合もありえます。ホルモンバランスのみだれは様々な要因が関わっていますので、いろいろな対処法を知っておくと対応しやすくなっていきます。

 

女性ホルモンはとても繊細なものですから、ふとしたことでもバランスを崩してしまいがちです。日頃からストレスを感じる生活をしていたり不規則な食生活、睡眠不足や過剰なダイエットをしているとバランスを崩す要因になっていくかもしれません。女性ホルモンは脳から分泌されていくものですが、脳はストレスの影響を受けやすいもの。脳が疲れているとホルモン分泌にも影響を及ぼしてしまうのです。

それぞれの原因別対処法

それぞれの原因を大きく4つに分けて対処法をご紹介していきます。

 

●食生活
毎日ファーストフードを利用している方は根本的に食生活を改める必要があります。肉中心の食事をやめて野菜中心にする。女性ホルモンと同じような働きの大豆イソフラボンを含んでいる豆腐や納豆を食事から摂り入れるといいでしょう。女性ホルモンの分泌を促すビタミンB6を含んだマグロ類、ナッツ類、ビタミンEを含むうなぎやかぼちゃやアボカドも摂取して腸内環境を整えていきましょう。

 

 

●睡眠
睡眠中には成長ホルモンが多く分泌され、それ以外にもさまざまなホルモンが分泌されます。できるだけ長い睡眠時間を取ることが大切ですが、眠はじめの眠りの質を高めるようにしたほうが効率的です。

 

●運動
出勤や外出時にはエレベーターやエスカレーターを使わず階段を利用する。車でなくても通える場所には自転車や歩いて通うなど少しでも運動する機会を増やしていくようにしましょう。軽くストレッチするだけでも効果を得ることはできますので、ちょっとした空き時間にできる運動やストレッチを見つけ出してください。屈伸やもも上げなどは短時間でもできるいい運動になります。

 

 

●ストレス
ストレスのない毎日を送るためには規則正しい生活はもちろんのこと、毎日を楽しくリラックスして過ごしていくことが一番です。日頃からリラックスできる環境を整え、趣味などに没頭することもストレスのない生活を送るためには必要です。

 

心の落ち着く音楽を聞いたりエステやアロマ、半身浴なども心を落ち着かせるためには必要です。自分自身の身体もいたわりながら生活していきましょう。