プロゲステロン サプリ

プロゲステロンは女性ホルモンの一つで規則正しい生活、適度な運動によって正しく分泌されるようになります。ですがそれが難しい方々もいらっしゃいます。そんな時はプロゲステロンサプリで補いましょう。実際にプロゲステロン自体をサプリメントにしている製品はありません。ですからプロゲステロンの分泌を促すサプリメントで補うことになります。

 

ワイルドヤム・チェストベリー・フェヌグリークの3つがプロゲステロンに似た働きをする成分。これらの成分を配合したサプリメントは排卵後の月経がはじまるまでの黄体期、プロゲステロンが活発に分泌される時期に摂取すると効果的だとされています。また、ワイルドヤムとチェストベリーにはアダプトゲン作用というホルモン調整機能があり黄体期に限らずいつでも摂取することができます。

 

いずれにしても、PMSの症状は様々で、その対処方法も十人十色。自分の症状に合った対策を根気強く探すとともに、気長にPMSと付き合っていく事が大切です。

プロゲステロンサプリランキング

オーガニックレーベル ルナベリー
ルナベリーは女性ホルモンのバランスを整えてPMSや生理痛などの諸症状を緩和してくれます。プロゲステロンの分泌を促すチェストベリー医薬品と同じレベルの240mgも配合したサプリメント。さらにプロゲステロンの分泌を促進するブラックコホシュやPMS、生理痛の痛みを緩和する月見草油(γリノレン酸)、亜麻仁油(αリノレン酸)を配合していてPMSの症状に幅広く対応することができるサプリメントです。トクトクコースなら初回1カ月分(30粒)が実質無料、送料のみの500円で購入可能です。
価格 効果 総合評価
税込500円 プロゲステロン,サプリ プロゲステロン,サプリ

 

女性のミカタ
身体の不調に「すこやか編」、心の悩みには「やすらぎ編」と2種のサプリを用意し、身体の調子を根本から整えてくれます。すこやか編にはチェストツリーをはじめ、ウラジロガシ、メリロート、ヒハツが配合されていて生理前のむくみやニキビ、頭痛や冷え症などをケアします。やすらぎ編は月見草オイル、ラフマ、大豆イソフラボンの力でイライラや情緒不安定、集中力低下など心の不調にアプローチします。1種類だけの購入も可能ですが両方購入だと割引価格でさらにお得です。自身の悩み、体調に合わせて選ぶことができます。
価格 効果 総合評価
税込980円 プロゲステロン,サプリ プロゲステロン,サプリ

 

めぐルナ
女性リズムを美ヂカラに「めぐルナ」 めぐルナは女性の生理の時期におこる不快な症状や月経前症候群(PMS)、腰痛、頭痛、腹痛などの辛さを和らげてくれるるPMS専用サプリです。体質を改善しPMSの症状を軽くしたい方にぴったりのめぐルナは1日1粒でOK。PMSの原因となる女性ホルモンのバランスの乱れを 効果的に改善させてくれます。和漢洋の天然ハーブに加え1粒当たり5,000万個もの乳酸菌を加えているのでPMSの諸症状はもちろんのこと、便秘で悩む方にもお勧めできるサプリメントです。定期購入で初回980円。NP後払いが利用でき、その手数料は無料です。
価格 効果 総合評価
税込980円 プロゲステロン,サプリ プロゲステロン,サプリ

 

LUNA(ルーナ)
LUNAはホルモンリズムに合わせてそれぞれ2種類のサプリメントを準備していて女性らしさを演出するよう働きかけます。2016年モンド・セレクションで金賞を受賞し、リピート率が98%という品質がその効果の高さを示しています。LUNAではエストロゲンとプロゲステロンをバランス良く配合し、からだの中から体調を効果的にサポート。卵胞期には「きらきら期」を。黄体期には「まったり期」を利用することで身体のリズムにあわせたエストロゲンを補給することができるようになります。
価格 効果 総合評価
税込1,980円 プロゲステロン,サプリ プロゲステロン,サプリ

 

アサイー&ノニ
「アサイー&ノニ」はγリノレン酸の素となるリノール酸を豊富に含んだノニを主成分としたサプリメント。アサイーとノニに加えαリノレン酸を含む亜麻仁油、γリノレン酸を豊富に含む月見草油などバランス良く配合しています。これらに加えプロゲステロンの素となるビタミンEも配合されていて乱れたホルモンバランスの改善に最適なサプリメントです。スーパーフードアサイーも含まれているので美容効果も期待することができます。毎月とくとく定期コースなら初回1カ月分(60粒)が980円で購入できます。
価格 効果 総合評価
税込980円 プロゲステロン,サプリ プロゲステロン,サプリ

 

 

 

女性ホルモンを効率よくサポートしてくれるのが大豆などに含まれるイソフラボン。このイソフラボンはエストロゲンの不足を補ってくれますが、プロゲステロンの不足は補ってくれません。では、プロゲステロンが不足気味の時はどうしたらいいのか?そんな時に便利なのがチェストベリーなのです。

 

最近の研究でチェストベリーはプロゲステロンの不足によるPMSの症状を緩和してくれる働きがあることが分かっています。月経が止まっている20人にチェストベリーの抽出物を半年間摂ってもらった結果、10人が月経周期が回復したという報告もあるそうです。

 

ルナベリーはチェストベリーを医薬品と同レベル配合したサプリメントです。ルナベリーを摂ることが効率的にプロゲステロンの分泌を促進してくれることにつながります。

 

 

 

エストロゲンとプロゲステロンについて

 

 

エストロゲンとプロゲステロンの両者は「対の関係」とも言われていて、一方の分泌量が悪くなるともう片方の分泌量もそれにともなって悪くなる傾向が見られます。ですからエストロゲンとプロゲステロンは両者のバランスがとても大切になります

 

プロゲステロンは卵巣から分泌されるホルモンですが、プロゲステロンは排卵後の破れた卵胞からできています。排卵後に破れた卵胞は卵巣に残されて黄体化。その黄体化した卵胞からプロゲステロンが分泌されるので黄体ホルモンと呼ばれています。月経周期におけるプロゲステロンの働きとしては子宮内膜を維持すること、基礎体温を上げる働きが挙げられます。

 

プロゲステロンの分泌量が増加する生理前にはイライラや食欲増加、倦怠感、頭痛などの症状に悩まされる女性が多くなります。逆にエストロゲン優位の状態が長く続くとイライラやクヨクヨといった精神的不安定な状態になる。むくみや胸の張り、慢性疲労や頭痛などの症状が現れやすくなります。このエストロゲンの暴走を抑制してくれるのがプロゲステロンなのです。

 

サプリメントに頼らないプロゲステロンの増やし方

 

ここではプロゲステロンの分泌が少ない場合にサプリメントで補う方法をお伝えしてきましたが、プロゲステロンは食事で増やすこともできます。プロゲステロンを増やすためにはビタミンEが必要となりますが、このビタミンEは黄体ホルモンの材料にもなります。そして、そのビタミンEの吸収力を増加させてくれるがビタミンC。これらの栄養素を多く含んだ食材を利用した食事を多く摂るようにしましょう。

 

また、生理前になると幸福ホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌量が減少することも体調不良の原因の一つに挙げられます。PMSによる体調不良の要因の一つはセロトニンの減少が関係しているのです。生理前になるとイライラしたりクヨクヨしてしまうことがありますが、精神的に不安定で辛いという時にはセロトニンの原料となるトリプトファンを多く含む食事を摂ること。ビタミンB6を含む食事を積極的に摂ることがセロトニンを増加させることにつながります。

 

 

「目指せ 月経正常化!チェストツリー」で検索して1位のコンテンツも参考になります。